性病の予防と感染対策

大切な自分を守るため
大切なパートナーを守るため
性感染症ーSTDーを知りましょう。

VIVIANA♀HANDなら性感染症(性病)の心配一切なし

風俗のお仕事で誰もが心配するのが病気のことだと思います。その点風俗エステは性病に一番かかりにくい業種です!
特に『VIVIANA♀HAND高松店』はプレイ内容がソフトでキスなし・フェラチオなし・下半身への指入れなし・素股なし・クンニなし・ヘルス行為なし!ライトなプレイで病気の心配もなく働けるというのは風俗において特筆すべきメリットです。

当店は創業以来1人も性病にかかった女の子がいません!
キス・フェラチオ・下半身への指入れ・素股・クンニ・ヘルス行為絶対なし!
他の風俗エステ店と違うところは、フェラチオといったサービスが絶対にないことです!下半身への指入れやヘルス行為もなし!どんなソフトなものでも性感染症の可能性を徹底排除!

どうして当店は性感染症のリスクが低いのか、そもそも性感染症もとはどんなものがあるのかをチェックしてみましょう。

【STD】性感染症(性病)とは
性感染症(STD)はセックスなど性行為によって感染する病気のことです。
性感染症(STD)は、必ずしも自覚症状があるとは限りません。
その為、感染者が治療を怠ったり、気付かないまま過ごしている可能性も高く、感染に気づいたときには関係した人達に病気をうつしていることも考えられます。
これらの性感染症に対しては予防するとともに検査を受けて早期発見することが大切です。 性感染症全般にいえることは、粘膜どうしの接触で感染することです。
特にオーラルセックス(フェラチオ)を介した感染も目立っており、性交渉をしていなくても口から性器へ、性器から口へと感染しますので注意が必要です。

感染経路は性行為
性感染症(性病)になる理由は、感染している人との性行為が原因です。口や性器の粘膜に、精液や血液などが接触することで感染します。

空気感染はしません
性病は、風邪のウイルスのように空気感染はしません。
※基本的には握手や混浴などでうつることもありません。

自然発生はしません
性行為以外では感染しないので、自分自身が不衛生だったり、自慰行為をしたからといって自然発生することはありません。

VIVIANA♀HAND高松店が安心な3つ理由

パート1当店のプレイは、マッサージとハンドサービス(手こき)の超ソフトサービス

VIVIANA♀HAND高松店では着衣OKですし、キスなし・フェラチオなし・下半身への指入れなし・素股なし・クンニなし・ヘルス行為一切なし
下半身への指入れ・素股・本番行為のような受け身も絶対なしで安心です。
※本番行為は違法となります。
性器に触れるといっても手だけなのできちんと洗えば問題なく、安心感が違います。
風俗エステの中にはオプションでフェラチオがあるお店も存在していますが、当店はそれらのオプションもございません。
病気の心配なく高収入のお仕事ができます
性器同士の接触などで感染するということは、そういうプレイがなければ風俗店でも感染率は低いということです。
(どんなことも100%はないので「低い」「なりにくい」としていますが、当店なら実質ほぼリスクゼロ!)

デリバリーヘルスのような一般的な風俗業種(ヘルス)では、基本サービスにキス・フェラチオ・素股・下半身への指入れ・クンニ・69などが含まれています。
ハードなところではAFなども…。そうした粘膜同士の接触は、お客様は満足しやすいですが性感染症のリスクは上がってしまいます。

パート2イソジン・アルコール・殺菌消毒薬用ボディーソープなどで殺菌消毒

プレイ前のシャワー、イソジン・アルコール・薬用ボディーソープによって性感染症(性病)の感染経路を全て予防します。
お客様だけでなく、女の子自身にも同じ事を行い両方とも"安全"な状態にしてからプレイを開始します。
もちろん、全ての道具(イソジン・薬用ボディーソープなど)はお店が全てご用意させて頂いてますので、そういった雑費もかかりません。
当店の薬用ボディーソープは殺菌性が高い医療用のボディーソープを使用してます。
また当店は伝染病・感染症の可能性があるお客様、またはそう見受けられる場合、それが伝染病でないことを証明する書類(診断書など)のご提示をお願いしております。
また衛生管理の観点より、スタッフの判断にて書類のご提示を求めるおり伝染病・感染症の可能性があるお客様のご利用を固く断っています。それらを徹底しています。

パート3定期的に性感染症検査(検査キットで誰にも会わずに簡単性病検査)

当店では女の子の性感染症検査を行っております。
これは定期的に健診を行い、女の子に安心して働いて頂く為、そして病気を移さぬよう、自己管理が出来るようにとグループで取り組んでいる事で御座います。
グループで一括して大量のロットで購入している為、非常にお安く検査キットを購入しております。
もちろん、それがイマイチ信用できない女の子につきましては、病院でも検査は出来ますのでお願いしております。

あなたはこの現実をどのように受け止めますか?

香川県におけるAIDS患者報告数では、人口10万人に対する患者の割合で香川県が全国1位になりました。
全国では、HIV・AIDS合わせて年間約1,500件の報告があり、そのうち約95%が男性です。(高松市公式HPもっと高松より引用)

性感染症の種類

HIV/エイズ

症状
HIVウィルスに感染する事でかかります。 感染してから2~3週間経過すると、軽い風邪のような症状が出て、数日~10週間ぐらい続き、 ほとんどの場合は自然に消えます。その後数年~10年間ほどは何も症状がありませんが、体内でひそかに広がっています。 この期間をHIV感染やHIVポジティブと言い、何も治療をしないでいると、更に進行し、微熱や下痢が続いたり、リンパ節の腫れ、肺炎などを起こします。このような状態になると「エイズを発症した」「エイズになった」と言い、その後、下痢が続きどんどん痩せ細り、食事もできなくなり死に至ります。

感染する行為
セックス・オーラルセックス(フェラチオ)・アナルセックスなど一般な性行為により感染します。

クラミジア

症状
女性の場合ほとんど症状が出ない事が多く、知らない間に子宮や卵管に感染が広がり、妊娠ができなくなる恐れがあります。男性の場合、感染して1~3週間ほど経過すると、小便時に痛みがでたり、尿道にかゆみがでてきます。オーラルセックスで、喉に感染したり、アナルセックスで肛門に感染することもあり、更に人にうつす可能性もあります。

感染する行為
セックス・アナルセックス・オーラルセックス(フェラチオ・クンニ)粘膜同士の接触や精液、膣分泌液を介して感染するので、全ての行為で感染する可能性があります。
クラミジアに感染しているとHIVの感染が3~5倍になります。

梅毒
症状
【第1期梅毒(感染して約3週間後)】性器や口の感染した箇所に赤く固いしこりやただれができ、 その周辺にあるリンパ節(足の付け根はワキの下、首のリンパ節等)が固く腫れてきます。(症状は2~3週間で消えますが、この時期の感染力は強力です)
【第2期梅毒(感染して約3ヵ月後)】梅毒の病原体が血液の中に入り、体内を回って発熱したり、体のだるさがでて、皮膚にピンク色のぶつぶつができます。(症状は3ヶ月~3年で消えますが、この時期の感染力は強力です)
【第3期梅毒(感染して3年以上)皮下組織に大き目のしこりができ、心臓や血管が侵され、血流が悪くなったり、脳が侵されて、錯乱や麻痺、痴呆になる場合があります。

感染する行為
セックス・アナルセックス・オーラルセックス(キス・フェラチオ・クンニ)※口に梅毒の病変部分がある場合

淋病感染症(淋病)

症状
女性の場合、症状が軽く気がつかない事も多いのですが、知らない間に次第に広がり 子宮や卵管が侵され、妊娠できなくなる事があります。オーラルセックスでのどに感染したり、アナルセックスで肛門に感染する事もあります。更に人にうつす可能性があります。男性の場合は感染後2~7日ぐらいで、小便をすると痛く膿が出ます。ただし、痛みが無く感染に気がつかない場合もあります。

感染する行為
セックス、アナルセックス、オーラルセックス(キス・フェラチオ・クンニ)
粘膜同士の接触や精液、膣分泌液を介して感染するので、全ての行為で感染する可能性があります。淋病に感染した人の20~30%の確率でクラミジアにも感染していると言われています。

性器ヘルペス

症状

感染後2~10日程で、女性の場合は大陰唇や小陰唇にかゆみが出ます。男性の場合は包皮や亀頭にかゆみが出ます。不快感が出て、痛みのある水ぶくれやただれがあらわれ、熱も出ます。
初めて感染した場合、水ぶくれは潰瘍(ただれたようなもの)ができます。 激しい痛みで排尿が困難になる事もあり、同時に太もものリンパ節が腫れたり、 痛みがみられます。
感染した時は症状が無く、その後初めて症状が出た場合、初めて感染した時より症状が軽くなっている場合が多いので、治るまでの時間も短くなります。
1年以内に80%以上が再発すると言われ、主な原因は過労、セックス、ストレス等です。再発する前に、神経痛のような前兆が見られ、初感染より症状が軽く、治るまでの時間も短くなります。

感染する行為

セックス・アナルセックス・オーラルセックス※ストレスや過労等で再発する事もあります。

腟トリコモナス症

症状
感染してから症状が出るまでの期間は不定で、男性の場合症状が出ない事が多いのですが、尿道にかゆみが出たり、小便時に痛みが出る事があります。女性の場合、黄色の泡状のおりものが見られ、陰部や腟にかゆみが出ます。

感染する行為
セックス・アナルセックス・オーラルセックス

尖圭コンジローマ

症状
感染後3週間~8ヶ月程で広がります。女性の場合、膣・外陰部に、 男性の場合、性器の亀頭部・包皮・陰嚢(タマブクロ)に、そして男女共に、肛門とその周辺に、表面がトゲトゲしたイボ状のできものができます。

感染する行為
セックス・アナルセックス・オーラルセックス

ケジラミ症

症状
ケジラミとは吸血性昆虫でシラミの一種。主に陰毛に寄生し人の血を吸います。感染すると激しいかゆみが生じ、感染経路は陰毛同士の接触感染が主ですが、ワキ毛や肛門周辺の毛、胸毛、太ももの毛に寄生する事もあります。他にも接触が多い母子感染やタオル・毛布等で間接的に感染する事もあります。

感染する行為
セックス等の接触行為。※稀に母子感染やタオル・毛布等で間接的に感染する事もあります。

性器カンジダ症

症状
感染してから症状が出るまでの期間は不定で、女性の場合外陰部にかゆみ・赤くなる・おりものが増える等の症状が出ます。おりものはボロボロとした白いチーズ状やおかゆ状です。男性の場合症状が出ない事も多いですが、亀頭部にかゆみが出たり、赤くなる事もあります。

セックス等でカンジダを発症している部分に膣や外陰部が触れると感染します。免疫力の低下でも感染する場合があるので、日常生活に気をつける必要があります。

C型・B型肝炎検査

症状
感染後8~12週間で発症し、症状は黄疸、吐き気や嘔吐、全身のだるさ、食欲不振などです。
ただし免疫力が低下していると、慢性肝炎になることもあります。
慢性肝炎自体に目立った症状はありませんが、肝硬変や肝臓がんなどの進んで命にかかわることもありますので注意が必要です
B型感染ウイルスによって起こる病気で、主に血液を通して感染します。このウイルスはHIVの1,000倍も感染力が高いと言われています。
C型肝炎はB型肝炎とほぼ同じですが、症状が比較的軽く出現頻度も低いため放置されがちです。
急性C型肝炎は、50~60%の割合で治療に時間がかかったり、慢性化することがあり、慢性肝炎や肝硬変さらには肝臓がんになる率が高くなります。
一過性の急性肝炎ではまれに急激に大量の肝細胞が破壊される「劇症肝炎」に進むことがあり。その場合は75%が死に至ります。

感染する行為
セックス・オーラルセックスによる感染が多く、特に生理中やアナルセックス、器具を使うなどで出血を伴うセックスは感染のリスクが高くなります。

予防するためには?
性感染症予防で気を付けることといえば?
もちろんフェラチオもない当店ならゴム有り無しの心配はないので、その他に気を付けたいことをご紹介いたします。

清潔第一!
不衛生なトイレを使用するときは要注意!消毒用のエタノールで便座などをきれいにしたり、他の人がさわったタオルを使わないようにしましょう。(主にヘルペス対策)お互いにプレイ前と後のシャワーの時薬用ボディーソープでキレイにしよう。
特に性器は念入りに!
プレイ後の手はきちんと消毒!
ハンドサービス(手こき)でフィニッシュするため、精液が手に付着すると思います。ハンドサービスならまず病気の心配はないのですが、その精液がついたままの手で口や目元に触れると感染の可能性が出てきます。
※唇に手を持っていったり、指でうっかり目をこすってしまったり…。フィニッシュ後はすばやく手をふき取り、きれいに洗うようにしましょう。

お客様の性器をチェック!
お客様の性器が汚れていないかや、病気の症状が出ていないかなどをしっかりチェック!性器周辺を確認する時は、自分の目と鼻で確認し、「できもの・腫れ・膿み・異臭」はもちろんその他にも、気になるもの(異常)を発見した場合はなるべく触らないようにしましょう。

生理中はゆっくり休もう!
着衣OKで受け身がないので、生理中でも出勤しようと思えば出勤できるのが当店のメリットですよね。でも、生理の時は基本的に免疫力が低下している状態です。体調やメンタルも不安定になりがちなので、なるべく無理な出勤は控えてゆっくり休養をとりましょう。
※性病に関わらず、普通の風邪や体力の低下などを防止するためです。

数ある風俗エステ店の中でも『VIVIANA♀HAND高松店』なら性病の心配なし!
老舗でありながら性病にかかった女の子が1人もいないという実績が証拠です!

着衣で接客できて、キス・フェラチオ・下半身への指入れ・クンニ・ヘルス行為が全くありません。当店は本当に、業界未経験の方でも始めやすい内容や環境となっております。

風俗のお仕事なので、高収入を稼ぐのは本人の頑張り次第なところもありますが、それにはやっぱり働きやすい環境は大事!
努力が形になるお仕事なので、ぜひ当店で目標達成させてください。

性の病気豆知識
「性病」と「性感染症」はどう違うの?

「性病」と「性感染症」は、ほぼ同じ意味として使用されてきましたが、最近では「性感感染症」が多く使われ、 1998年に「性病予防法」が廃止され「感染症法」に統合された事から、法律上では「性病」という言葉が無くなりました。
(感染症法とは、これまでの「伝染病予防法」「性病予防法」「エイズ予防法」を1998年に吸収・統合した新しい名称で、 正式には「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」といいます)
これまで法律が定義する「性病」とは、梅毒・淋病・軟性下かん・鼠径リンパ肉芽腫の4つの病気でした。今、若い人達を中心に蔓延しているエイズ、性器クラミジア感染症、性器ヘルペス、尖圭コンジローマ等は、 これまでの「性病」には含まれず、広く病名をカバーする「性感染症」という言葉が使われるようになりました。
しかし、「性病」は禁止用語ではありませんので、使ってはいけない事はありません。
保険医療関係者等、専門家は使わなくなりましたが、一般的には俗語として残っているのが現状です。